VIO・ハイジーナが得意 「ピュウベッロ」 口コミ評判

ピュウベッロの脱毛評判ポイントは、ハイジーナ脱毛です。ハイジーナとは、ビキニラインのVライン、股の間のIライン、ヒップ奥のOラインのムダ毛処理をした状態のことです。欧米ではセレブの間から流行して、オシャレな下着や水着が着られたりすることで有名になりました。実はこういったオシャレだけの意味ではなく、本来「衛生的」という言葉に由来して付けられた名前です。生理時の経血やおりもの、排泄物などが付着することで本来敏感な肌である部分が不衛生になりかゆみや臭いを発生する原因となっています。

しかしハイジーナ脱毛は、デリケートな肌であるがゆえに施術は慎重。ピュウベッロが医療提携安全重視で臨むのも分かりますね。

 

医療提携で安全重視

脱毛のガイドラインがはっきりしなかった頃は、レーザー脱毛などで肌トラブルが後を断ちませんでした。そこで高出力のレーザーは医療行為として医師の資格が必要ですが、出力を抑えた脱毛機器で、発毛を促進する毛根を弱らせて脱毛する方法を脱毛サロンは取ったのです。それでも、ハイジーナ脱毛などは下着などで擦れて黒ずみが出来てしまっていたりするので痛く感じたり、デリケートな肌の部分なので肌トラブルがありがちです。 そこで、ピュウベッロは医療提携をしっかりして施術に臨む姿勢になりました。

ピュウベッロの脱毛機器はヨーロッパ製の一般美容脱毛機器。ニードル方式やレーザーよりもリスクが格段に少なく、痛みも少なく施術できます。医療機関と提携して顧問医師の指導の下に施術を取組んでいます。この点、他の脱毛サロンでも医療機関提携はするところが多いですが、顧問医師の氏名までホームページに明記してあるところ、取り組みの真剣さが伺えます。もちろん、医師に指導してもらってもスタッフが頑張らないと意味がないのですが、定期的に技術研修を行うなどしているということ。また未熟なスタッフに担当させないなどあります。脱毛の安全性に躊躇している方には嬉しい記述です。

 

ハイジーナ脱毛と日焼け

ハイジーナ脱毛が痛みを伴う率が多いのは、下着などが擦れて黒ずみができている場合が多いからです。光脱毛は毛の色素の黒色、つまりメラニン色素に反応するのですが、この色素は肌の黒ずみにも含まれています。若干の反応をするために痛いと感じるわけです。肌の黒ずみがある人と無い人では、同じ部位でも痛みが違うのです。この点、脱毛する場合に日焼けを避けるように言われる理由はここにあります。もっとも、日焼けで赤くなって軽症の火傷状態な時には、触っても痛いですよね。肌が落ち着いてから施術しましょう。

 

明瞭な会計は安心と気軽さへ

キャンペーン価格は明瞭なところが多いのですが、いざ本コースに入ろうとすると「実際の価格はあとで」ということ脱毛サロンでは多くあります。しかし「いったいいくらかかるのだろう?」というものに足を運ぶのはかなり勇気のいることです。

ピュウベッロではホームページに細かく部位と回数の料金表が載っています。入会金やジェル代、施設使用料など追加料金は必要がないということで、かなり実費総額に近いものが分かる表になりますね。スタンダード6回コースがリーズナブルで、最長3年間有効です。3回コースは1年。「他の脱毛サロンは1万円以下を表示するところが多いけど、高い?」と一瞬思う料金表ですが、スタンダード6回などは1回あたりにすると安価なことが分かります。毛周期があることを考えると、一月あたりで考えた金額は高くはないでしょう。

また、ワンショット脱毛もあります。「私はすごく痛がりなので不安」という方もいらっしゃいますし、肌に不安がある方も。そこでワンコイン500円でできるのもあります。「この毛だけを脱毛して!」という場合にも便利です。

自分の脱毛はこんなふうにしたいなという希望ができたら、無料カウンセリング予約から始めましょう。

コメントは受け付けていません。