フェイスラインの脱毛

「お化粧のノリがもうちょっと良かったら」「顔の産毛や鼻の下とか毛を抜いちゃおうかしら」と鏡を見ながら考える女性は多いです。鼻の下や口周りは比較的顔の中でも濃い毛が生えてきやすいです。もみあげ・あごなどの産毛はフェイスラインをぼやかしてしまい、小顔の敵です。でも自己処理も脱毛サロンでの脱毛にしても、顔はとても慎重を要します。脱毛サロンによっては危険回避のために顔の脱毛がないところさえあるのです。自己判断で一人で脱毛するのは、素人では危険だということも分かります。何しろ、他の身体の部分と違って、トラブルがあった場合隠しようがないからです。

 

顔の脱毛とは?

顔の脱毛をしたいと思う女性は多いです。男性と違ってシェーバーで毎日剃るわけにはいかず、かといって産毛は化粧のノリを悪く肌の透明感を失わせます。鼻下やあごなどに出た毛などは、太さ長さによってはマナー違反っぽいかも。自分で抜いたり、かみそりで剃った場合は毛が濃くなって、毛穴が目立って美しさとは遠くなってしまいます。脱毛サロンで脱毛できれば、マメな処理は必要なく、毛穴が引き締まって肌の疲れが目立ちません。フェイスラインもくっきりスッキリ。脱毛サロンで顔脱毛を希望する女性が多いというのもうなずけますね。

しかし脱毛サロンでの顔脱毛の注意点は、「顔」といっても範囲があることです。顔全体というわけではなく、腕や足のように分割しています。また、脱毛サロンによっては対応していない部分もあります。それは脱毛機器の種類や、ハイリスクの部分を避けるなどの理由があるからです。脱毛サロンにはキャンペーンやセット価格などありますが、自分の希望する顔の部位がちゃんと入っているかを確認する必要があります。

顔は万が一火傷などがあると大変なので、医療機関で脱毛する人もいますね。脱毛サロンでも医療機関と提携しているところを選ぶのがポイントです。

 

鼻下より上部の脱毛―額

顔脱毛ということで顔全体対応かと思うと、鼻下より下の部分対応がほとんどになります。それでも顔はハイリスクということで対応しない脱毛サロンもあることを考えると、機器や技術力に自信があるといえるでしょう。頬や額を対応としているところは少ないのですが、代表的なところというと、額は銀座カラーやエピレが対応になっています。頬はエピレ。眉はあまりないのですが、TBCが対応になっています。

 

鼻下・あご・もみあげの脱毛

鼻下の脱毛は、一番需要があって、しかも脱毛しやすい部分だといえます。顔脱毛で一番初めにやってみるというのは、この部分ですね。鼻下の部分と口元は、自己処理で抜くと敏感な部分だけにとても痛いですが、脱毛しないと影ができたように見えてオジサン臭い顔立ちになってしまいます。アゴは女性でもちょっとした毛がチョロンと生えてきます。男性のようにボーボーに生えないまでも、その一本が女性にはイタイところです。もみあげも需要が高いですね。もみあげが綺麗だと、髪の毛のスタイリングに幅がでてきます。うなじも一緒に脱毛していると、首周りは髪をUPにした時に非常に美しくなります。

 

顔脱毛はじっくりと

顔脱毛は焦らず急がず、顔の一部でも6~12回はかかると考えましょう。それだけ通うとなると、価格も気になりますね。キャンペーンやセット価格でお得にできるところを探しましょう。名前も知らないようなサロンであまりに安価なところは、気をつけたほうが良いかもしれません。顔脱毛は安全安心が第一だということを忘れずに。光脱毛は光を目に入れないようにゴーグルをします。これをしないでタオルを乗せるだけなどで施術は危険です。

大切な自分の顔です。回数をかけても、じっくりと焦らず安全に脱毛しましょう。しかし、美しくしようとしすぎて、施術後にマッサージやパックなどはNGですよ。

コメントは受け付けていません。