VOIラインを綺麗にしたい

脱毛して美しくなりたい人の究極の部分、それはVOIラインです。「脱毛でよく聞くけど、VOIラインってどの部分?」という方もいるでしょう。VOIラインの脱毛やハイジニーナ脱毛はオシャレな水着や下着が一般的になったり、海外の有名芸能人の影響が濃かったりします。

格好良く美しく、女性はどこまでも追及していくものなのです。

 

Vラインってどこ?Iラインってどこ?-なぜ脱毛するのか

いわゆるビキニラインというものがVラインです。カットが大きいビキニパンツを履く場合、前から見て太ももの付け根のV字にあたるところに生えている毛が邪魔になりますね。大切な部分なので濃く生えているのが普通ですが、自己処理した場合に男性のヒゲ剃りの後のようになってしまいます。そして、次に生えてくるのは更に太く濃く見えてしまうものが。その生えてくるものは、ツンツンとしていてショーツの布を突き刺してしまうほどです。

このVラインと一緒にIラインという部分は、女性の場合生理の血液が付着しやすく、ある程度毛を減らすことによって衛生を保つ役目もあります。IラインはVラインから股の方へ伸びた部分です。股の細い下着や水着の場合は必需品の部分になります。

 

Oラインってどの部分?なぜ脱毛するのか

Oラインという部分は、単刀直入にいえばお尻の穴(肛門)周りということです。脱毛サロンなどでは、もうちょっと上品な言い方もあるかもしれませんが、部位としてはこの部分です。

なぜ、この部分をあえて脱毛するのか。VラインやIラインを脱毛するついでにという人もいます。が、体毛が濃くてコンプレックスを持つ人や、濃いために衛生面を気にしてとか、Oラインを人に見せる機会があるとかいうのが主な理由でしょう。自分だけではまず処理できない部分なので、誰か手助けしてくれる人がいない場合は、脱毛サロンで施術するほうが恥ずかしさは減るかもしれません。

ある程度Oラインの毛を減らしておくと、近年増えている大腸がん検査などをする際にも役立つかもしれませんね。

 

ちょっと恥ずかしいから、まとめて施術

VOIラインを脱毛する際には、あらかじめある程度シェービングが必要です。あまり毛が長いと照射の関係で肌のトラブルに繋がります。また、清潔にしておくことも大切です。脱毛サロンによっては施術前に清潔にさせてくれるところがありますが、事前カウンセリングで確認しておきましょう。少なくとも施術する部分を拭くタオルやウエットティッシュ。おりものシートなども用意すると良いでしょう。

施術する場合の体勢ですが、どう考えても大切な部分を露出する格好になります。お腹や足に自然に力が入ってしまったりしますが、それでは施術の邪魔になります。ここは「スタッフが私の美しさを手伝ってくれている」と開き直って信頼してのぞみましょう。同じ恥ずかしい思いをするならば、一般的なVラインだけでなくVOIを一緒に施術してみませんか?

ついでに、この部分が気になる場合は、おへそ周りも気になります。おへそ周りは意外と毛が生えやすいところですね。せっかく恥ずかしい思いをして施術するのですから、ちょっとパーフェクトを狙っても良いかもしれません。

 

ハイジニーナ脱毛とは?

VOIラインと脱毛してしまったら、あとはハイジニーナ脱毛とは何をさすのでしょうか。実はアンダーヘアの脱毛の形には色々あります。Vラインはその形のままVに沿って残したりします。I型はアンダーヘアを真っ直ぐ「I」の形に残すものです。そして、ブラジリアンスタイルともいうハイジニーナ。ブラジリアンというだけあって、ブラジルのリオのカーニバルに着るサンバの衣装のために、アンダーヘアを全て脱毛してしまうところから発祥しています。

今は海外の有名女優などがハイジニーナにして、おしゃれでセクシーな服や下着を楽しんでいますね。日本でもそれを受けて、ハイジニーナにしてオシャレをすることでセレブ感をUPさせていたりします。

ただし、ハイジニーナ脱毛を受ける前にはシェービングなどの剃毛を自分で行わなければなりません。そこでヒドイ肌荒れを起こすようでは、施術は難しいかもしれませんね。とても大切でデリケートな部分です。脱毛時も人によって感じ方は違いますが、痛みを感じる人が多いようです。

コメントは受け付けていません。