うなじ・お腹・乳輪・指

「うなじ」や胸、お腹、乳リン、手指なども毛が気になる部分で脱毛したいところです。お腹や胸、乳リンなどは、隠れている部分なので一瞬「必要性は?」と思ったりしますが、胸などは大きく襟があいたものなどを着る時に困ったりします。乳リンは意外に濃い毛で、多くはないものの繰り返し生えてきて面倒です。お腹の毛も女性であっても生えますね。濃い薄いの個人差はあれど気になる部分です。うなじは自分で見えないので油断しがちですが、実は男性が結構チェックする場所として知られています。また、ネイルサロンなどに通う方などは、施術してもらおうと手を出した時に「毛の処理しておけばよかった」と恥ずかしく思うそうです。

 

「うなじ」脱毛の注意点

男性にとって「うなじ」は女性の魅力を感じる一部になっています。髪型もうなじを綺麗にしておくと、いつでもアップにしたり色々な髪形にトライできますね。ここは自分では見えないものの、綺麗にしておくのが一番。しかし残念なことに、自分で脱毛するには場所的にちょっと難しいのです。そこで脱毛サロンなどで脱毛する人が多くいます。注意点としては、うなじだけを脱毛してしまって、夏に水着になったり、背中が大きくあいたドレスを着たりした場合に差がでてしまうことです。背中の毛がちょっと濃い目の方は、境界線みたいにならないよう背中も一緒に脱毛しましょう。

うなじや背中は、痛みを感じやすい部位です。特にうなじは皮膚が薄いですね。レーザーなどでクリニックで処置する場合は麻酔を希望することができる場合もあります。しかし脱毛サロンなどでは光照射は延々と当てているわけではないので、ほんの一瞬だと思いましょう。

うなじ脱毛の最大の注意点は日焼けです。うなじは意外に日焼けします。黒くなってしまうと脱毛効果が薄くなってしまったり、肌トラブルの原因になります。脱毛時期は、しっかりクリームなど塗って薄い皮膚を保護し、日焼けにも注意しましょう。

 

胸やお腹の脱毛をして着られる服もアップ!

Vネックや胸元が大きく開いたブラウスなどを着てみたら胸に毛が!なんてことはありませんか? 男性に胸毛があるように、そこまで濃くはなくとも女性にも生えるのが胸毛。でも胸毛がチラリでは、せっかくの服も台無しですね。お腹の毛も同様です。

この胸毛や腹毛、女性は人によって困るタイプが違ったりします。産毛が全体的に生えているタイプと、数本の剛毛が繰り返し生えるタイプです。自己処理するには痛いですし、繰り返し処理して肌を痛めた場合が大変です。そこで脱毛サロンで肌を保護しながら脱毛しようという人が多いのですね。ただし、数本の剛毛ならば処理しやすいのですが、産毛の場合は脱毛サロンで行う光脱毛では、照射対象になる黒色の色素が薄いのです。毛が成長する毛根を完全に捉えることができないので、繰り返し根気よく施術して毛が生えづらい状態を作っていきます。

夏にビキニの水着を着る!と確定している方は、胸とお腹を脱毛しておくと、切り替え部分ができずに綺麗に脱毛できます。おへそ周りなど特に美しくしたいですね。

 

乳リン脱毛の注意点

女性の胸は綺麗なもの、という認識は男性側のものであって、多くの女性の胸や乳リン周辺に毛が生えています。そもそも大切なものを守る意味で体毛が生えていますし、特に女性の乳リンは肌を守る意味でも色素が濃くついているのです。

ところが、乳リン周辺を脱毛しようとすると、この守っているはずの色素が邪魔になります。光脱毛は色素を目掛けて働くので、大切な肌が火傷する可能性が出てきます。これはホクロなどと同じ理由になりますね。この部分は家庭用脱毛機などで照射するのも危険と言われています。脱毛サロンなどでカウンセリングを受け、熟練した人に施術してもらいましょう。

 

手指の毛を脱毛したい

ネイルに凝っている方、またネイルサロンに通っている方も多いでしょう。女性の手の美しさをもっと演出したいものです。ところが、ネイルサロンなどに通って手を出したら、手の指に毛が・・・。男性は指の毛も濃い人はいますが、それも長かったりすると清潔感がありません。女性では濃くはなくても美しくはありませんね。ネイルに凝るような美意識の高い人には、この手の指の毛は許しがたい存在でしょう。

脱毛サロンではこの手指の脱毛もしてくれます。手の甲と一緒の部位に設定しているサロンもありますから相談してみましょう。手指と手の甲を脱毛すると、続いている腕が気になると思います。どのあたりまでを脱毛するか、最初のカウンセリングで腕全体を考えて計画をしてからのほうがお得になる場合があります。

コメントは受け付けていません。