部分or全身

全身脱毛と部分脱毛、パッと見たり聞いたりすると全身脱毛の高額さが目につきます。とりあえず不安もあるので、部分脱毛で様子を見ようという方もいますね。ところで、全身脱毛というのは、そもそもどの部分なのでしょうか。全身というからには顔から足先まで? 部分脱毛はどこまでやってくれるのでしょうか。素朴な疑問を見てみましょう。

 

部分脱毛で必要なところをお手軽に

部分脱毛の良さは、今の脱毛サロンのほとんどがリーズナブルなお値段で速い時間で施術できるところです。自己処理のような痛さや面倒さもなく、なかなか生えて来なくなる毛根を学生のアルバイト程度の値段で手に入れることができます。脱毛サロンならではの肌への気遣いも得られますね。

部分脱毛の基本はワキの下。夏のノースリーブの服を着るにも腕も必需品です。そして、ホットパンツやミニスカートが気兼ねなく履けるように、両ひざの上下。そして、水着を着るのにVライン、つまり太ももの前面の付け根。ここまでは大抵の女性が望む線です。これらを自分の望むパーツを選択して脱毛することを部分脱毛といいます。

ところが、最初はワキの下だけでも良いと思ったのが、段々と脱毛した部分が増えていったりします。脱毛した部分と比較してしまって、余計に毛が濃く感じてしまって脱毛したくなるケースも多いです。特に水着を着るのにVラインを脱毛した人は「やっぱりIラインやOラインも一緒にしてしまえばよかった」と感じるようです。改めて予約を入れて通うのは面倒なので、ちょっと後悔してしまうようですね。部分脱毛でパーツを選択していきながら、結果的に全身脱毛という方法もあります。が、これは料金的にいうと合計すると高額になってしまう傾向があります。お試しをした後には、部分脱毛か全身脱毛かを良く考えて契約しましょう。

 

全身脱毛ってどこからどこまで?

全身脱毛を目指す!と考えて脱毛サロンの料金と部位を見てみると、素朴な疑問が湧いてきます。「全身脱毛」とあるのに、○カ所○○円という料金表示であることが多いからです。全身脱毛を考える人の多くは「全身なんだから、頭髪以外の全身」と思う人が多いと思うのです。しかし実は、脱毛サロンにおける「全身脱毛」の定義というのがはっきりしていません。脱毛サロンによって「全身」の部位や範囲が違ったりします。もちろん基本は全身のムダ毛が対象ではありますが。施術始めてしまってから「全身って、ここは?あそこは?」という話にならないように、まずどこを脱毛したいかを自分に確認しましょう。

○カ所○○円の全身脱毛は全身脱毛とは言えない!と思う人もいるでしょう。が、実は毛の生え方は人それぞれなのです。「ここは脱毛必要ない」とか「脱毛したくない」という部分があるものです。金額も時間もその分節約になりますよね。全身脱毛だけど、自分でチョイスしてリーズナブルな全身脱毛が可能になっているのが脱毛サロンの良いところです。

コメントは受け付けていません。