脱毛が出来ないケース

脱毛が出来ないケース

脱毛が出来ないケース、とはどんな場合でしょうか。妊娠中などは施術を断られる場合が多いですが、その他では日焼けなどがあげられます。多くの脱毛サロンの「脱毛前の注意事項」など記載が有る場合には、日焼けはせず脱毛する当日までUVケアに気をつけるよう促されています。また、事前に自己処理をする場合には毛抜きではなく、シェービングをしてからの来店を書かれているところが多いです。

 

なぜ日焼けは脱毛にNGなのか

脱毛サロンで事前に「日焼けはしないように。UVケアを」と言われるのはなぜでしょうか。もちろん日焼けをした肌は表面が軽い火傷を起こしているようなものなので、そこに施術するのは肌トラブルの元といえます。しかし実は「日焼け」だけでなく、元から「地黒」であったり、真っ黒な「ホクロ」も脱毛サロンでは施術の邪魔になります。また「タトゥー」や「傷」も大きさや部分によっては施術ができません。その原因は、脱毛サロンで行われている脱毛方法にあります。

脱毛サロンでは光脱毛が主流ですが、メラニン色素という黒色に反応して熱でダメージを与えるタイプのものは、「黒」という色が裏目に出てしまう場合があるのです。表皮の上の毛をシェービングした状態で毛根に光がアプローチできるのが理想ですが、その前に日焼けした黒い肌に反応してしまうと、毛ではなく肌にダメージがいってしまいます。地黒でも濃いものは脱毛機器にかけられない場合があるのはこのためです。ホクロやタトゥーも同様で、毛根より前に色の濃いものに反応して肌のほうにダメージがいってしまいます。通常の施術で光を当てた際に、痛みというよりは皮膚の下に一瞬熱いものを感じたりしますが、これが肌の表面に広がったら大変ですね。脱毛機器は強弱の出力が調整できるので、出力を弱くすることで施術は可能かもしれませんが、そうすると期待した脱毛効果は得られないでしょう。それよりもトラブル回避に脱毛サロン側としては施術を断る場合もあります。契約前に事前に話し合うことも大切ですが、ホクロなどはテープで保護して脱毛することも可能です。カウンセリングで相談しておきましょう。

蛇足ですが、メラニン色素に反応する脱毛機器を使った脱毛の場合は、白髪には効きません。

 

毛抜きで事前に抜いたら、もっと効果がある?!

脱毛施術前のシェービングは自分でという脱毛サロンは多いですね。その際に「シェービングなんていわずに、毛抜きで抜いていったほうが、さらに脱毛効果が得られるのでは!?」と思う人もいるかもしれません。しかしこれはNGです。

施術前のシェービングは、脱毛効果を上げるためにしています。が、同時にメラニン色素(黒色)を持つ毛根を光がピンポイントで捉えやすくするためです。他の黒いものに当たった場合は肌のトラブルに繋がりかねません。

かといって、脱毛機器から発した光が目指す毛根が、中途半端に毛抜きで抜かれてしまうと、光は全てを脱毛しきれないまま通過してしまいます。毛根にダメージが不十分だった場合、毛はすぐに再生してしまうので、自己処理と同じ結果になってしまいます。

毛抜きで抜いた場合は、どうしても抜いた部分の肌は傷がついているので、そこに光脱毛の光を当てるというのも肌トラブルの原因になります。毛抜きで事前に抜くというのは、自らも痛い思いをしますし、せっかくの脱毛効果も得られないことになります。

 

コメントは受け付けていません。