敏感肌やアレルギー肌

敏感肌やアレルギーありの脱毛

ムダ毛が気になるから脱毛しちゃえ!と、すぐに毛を抜けない人もいます。敏感肌の人やアレルギーなどがあったり、アトピー性皮膚炎などであると悪化しないか心配です。でも、ムダ毛を処理したい事情は同じ。どうしたらよいのでしょうか。

 

ちょっとだけ自己処理なら大丈夫?

ちょっとだけ、自分で脱毛する分には大丈夫かもしれない。と思うのが「ムダ毛処理したい」方の心理です。自分で処理するということは、毛抜きなどを使って抜くか、剃刀など使って剃るか、テープやクリームを使うか。最近は家庭用脱毛器もありますね。しかし、毛抜きなどで抜くとただでさえ肌が黒ずみ痛くなったりするのに、敏感肌の人はひどい肌荒れが起きたりします。剃るということにいたっては、健康な肌でさも剃刀負けしてしまうのに、アレルギーなどでアトピー性皮膚炎の方などは下手をすると流血ものです。これを我慢して繰り返していくと、皮膚が薄く弱いところであればあるほど、肌トラブルの元になって色素沈着もでてきます。剃刀などで表皮が傷ついて雑菌が入るということもありえます。

できれば、脱毛の回数を減らして肌への刺激回数を減らしてあげる、ということができると肌も再生能力を発揮する機会が与えられます。ちょっとだけ自分脱毛といわずに、スパッと脱毛してしまうという方法もありなのです。

 

一人で悩まないでカウンセリングへ

敏感肌やアレルギーで肌が荒れてしまうと、隠してしまって人にも相談しないというケースが多々あります。しかしそれでは綺麗な肌は手に入りません。一人で悩んでいても、一人で脱毛しようとしても、きっと堂々巡りではないでしょうか。そこで脱毛サロンなどへ行くと、まずはカウンセリングがあります。これは健康な肌であっても、ひどい敏感肌だとしても同じく受けるものです。ここで正直に相談してみましょう。脱毛したからといって肌が荒れてしまうとは限らず、エステサロンなどの技術を駆使しているサロンなどでは、肌が綺麗になったりします。どうしても不安という方は多いと思います。カウンセリングの他に、テスト脱毛などをしているところを選んでみましょう。

 

アトピー性皮膚炎と脱毛

アレルギーによるアトピー性皮膚炎の場合、短期間に繰り返し毛抜きやカミソリで脱毛することは好ましくありません。肌がただれ加減の場合、流血してしまったりします。きちんとした脱毛をして、表皮への繰り返す刺激をしないようにすることは有効だといえます。お試し脱毛などをして、数日間肌の反応の様子を見るなど慎重さは必要ですが、納得した上で契約することは健康な肌の人と変わりはありません。

ただし、どんな時も施術してもらえるかというと、そうではありません。施術時に湿疹が出ている部分には照射できない場合が多いです。毛周期に沿って通うことにはなりますが、その度に肌の様子を見ながら相談して施術してもらいましょう。アトピー性皮膚炎などは痒くて掻いて小さな傷ができたりしますが、これを避けるシールなどを貼って対応してくれるところもあります。

ステロイド剤を使用している方は、脱毛効果が若干弱くなります。色々考慮して、気長に脱毛していきましょう。

 

金属アレルギーと光アレルギー

今の時代、多かれ少なかれアレルギーを持っている人が多くなりました。アレルギーはハウスダストや花粉だけでなく、金属など幅広く、症状も個人差があります。そのアレルギー症状で脱毛可能かどうかは、カウンセリングを受けてからということになるでしょう。

金属製の腕時計ができないような金属アレルギーの方などは、カミソリで自己処理というのはアレルギー反応を起こして危険です。脱毛サロンなどではそういった方も、相談にのってもらいながら、脱毛の道を見つけることができるでしょう。

光アレルギーというものがあります。日光アレルギー(日光過敏症)などがそれにあたりますね。夏場でなくても日差しが強いと肌が赤くただれてしまうものです。過敏症とまでいかなくても、少しの日焼けでダメージが大きい場合は施術前のカウンセリングで申し出ておきましょう。脱毛サロンの脱毛方法の中心は、光脱毛やレーザー脱毛です。レーザーも光に入ります。施術中にアレルギー症状に見舞われると危険な場合もあるので、慎重に検討していきましょう。

アレルギーなどに対応している脱毛サロンを見つけるのも大切ですが、技術研修制度等をしっかりしたところを手がかりにしても良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。