生理中・妊娠中

妊娠中・生理中は脱毛できない?

脱毛は、女性のホルモンバランス事情と密接に繋がっています。ホルモンバランスが悪い時に脱毛したからといって、すぐに病気になるとか異常をきたすというわけではありません。が、多くの女性が生理中などホルモンバランスが乱れている時に、体調が悪いことを経験していることを考えると、そういった体調に無理を強いるのは良いことではありません。女性のホルモン事情は男性と違って複雑ですから、女性の身体は労わり癒してあげることも必要なのです。

 

生理中の脱毛はできない?

生理中の脱毛はできないか?という問いの答えは、「ビキニライン以外は可能」という答えと「なるべく避けた方がよい」という答えになります。脱毛サロンによっては、施術前のカウンセリングで生理中かどうかを聞かれて、生理中だというと断られてしまうことがあります。一方エルセーヌやエピレのように、ビキニライン以外はOKというところもあります。これは、生理が病気というものではなく、状態は個人差が大きいということがあるからです。しかし慎重を期したほうが良いでしょう。

生理中の肌はホルモンバランスが不安定で、肌などがとても敏感になっています。生理前後になるとニキビが出来る人もいますし、粉が吹いたような乾燥肌になってしまう人もいます。通常の肌状態とは異なっているということが有り得ます。また、生理中に貧血気味になる人が多いですね。血の巡りが悪くなっているので、それも肌状態に影響しています。普段の肌が丈夫な方でも、こういった状態で施術をすると肌トラブルの元になりかねません。

脱毛サロンで脱毛をする、というだけでなく、生理中は自分で脱毛・除毛や染めたりするようなことも避けた方が一番です。

ただ悩みどころは、生理中の期間を除いた場合、自分がサロンに通える日が制限されすぎて、期間内に脱毛できないというトラブルもあります。これは誰しも有り得ることなので、事前に生理期間中の対応を確認しておきましょう。

 

妊娠中は脱毛できない?

妊娠中は脱毛できないか?という問いには、「不可能ではない」と「エステなら休会・期間延長を」という答えになります。ほとんどの脱毛サロンでは妊娠中の施術は断られてしまうはずです。

施術のフラッシュやレーザーは放射線とは違うので、子宮や胎児に悪影響を与えることはありません。ではなぜ施術はNGなのか。施術中の緊張や脱毛時の痛みなどで、妊娠中期までならば刺激やストレスが母体や胎児に良くないのです。母体にかかる刺激やストレス・緊張などは血管を収縮させるので、胎児への血流が悪くなります。すなわち、胎児もストレスを感じるということになりますね。妊娠中期以降になると、それらは陣痛の誘発に繋がります。臨月でいつ生まれても良い状態で行った場合は、その場で陣痛が始まるとサロンでは対処できずに困ってしまいます。臨月前の8ヶ月あたりで陣痛が起こると、これは早産に繋がってしまい、母体胎児とも危険な状態になってしまいます。どちらもあまり良いところはなさそうですね。

また、マタニティ向けにしているところでも、急に気分が悪くなるなどを考慮して慎重に緩やかなものにしています。

妊娠中の脱毛ができないとなると、産後身体が落ち着いてからの施術になります。一年間6回などの脱毛契約をする場合で、妊娠する可能性がゼロでない場合は、期間中に妊娠した場合の休会・期間延長ができるかを確認しましょう。

ちなみに、妊娠中は体毛が濃くなります。特に大きくなっていくお腹には産毛が濃く筋になって見えます。病院の妊婦健診などでエコーをする時などは、ちょっと気になるところですね。でもエコーをする看護師や医師は見慣れているので気にしないことです。それよりも刻々と替わっていく妊娠中の体験を大切にしたいものです。

 

未成年は脱毛できない?

キッズ脱毛などもあって、習い事でレオタードなど着たりする子供は未成年でも脱毛サロンによっては施術を受けることが可能です。しかし基本的には未成年、詳しく言えば生理がきていない女性はNGとなっています。これもホルモンバランスに関係があって、生理が来ていない場合や、初潮から一年未満の場合は避けたほうが賢明でしょう。

 

コメントは受け付けていません。