医療レーザー脱毛

医療機関(病院)での医療レーザーで脱毛

脱毛する場所には、自宅以外では脱毛サロンやクリニック(病院)などの医療機関があげられます。どちらが良いのかは、どういった脱毛効果を期待するのか、美肌などの脱毛以外の効果も期待するのか、費用はどれくらいかけられるのかなどを検討する必要があります。では、医療機関の脱毛と脱毛エステなどでの脱毛と、どう違うのか見てみましょう。

 

医療レーザーで脱毛

脱毛エステなどで使用される光でのフラッシュ脱毛と、医療レーザー脱毛は元は同じ光です。ただし脱毛エステなどは、高出力のレーザーは火傷などの心配も多く、出力を弱めて医療資格が要らない程度のものを使用しています。一方病院では医師がレーザーを扱うことができるので、高出力のレーザーでの脱毛をすることができます。高出力レーザーといっても、ずっと高出力で使用するわけではなく、部分によって加減したり調整が必要なために、専門的な技術が必要となるのです。これが医療レーザー脱毛の安全に繋がっています。

昔ニードル脱毛という毛穴に電子針を刺して脱毛する方法があり、今でも永久脱毛としては有効です。が、さすがに痛くて医療脱毛としてもレーザーが主流となっています。脱毛エステのレーザーより出力が高い分、毛根の毛母細胞にアプローチする強さも強くて、数回で永久脱毛に近い効果が得られたりもします。

 

医療機関の脱毛とは

医療機関で脱毛した場合、お肌トラブルがあった場合は治療も期待ができます。改めて病院を探す必要がないので、迅速な対応ができますね。もちろん事前には、レーザー脱毛などの副作用などを医学的見地で説明してもらえるところが良いところです。説明や、脱毛の部位などに関して親身に相談に乗ってくれる医療機関を探すのがコツですね。カウンセリングなど充実しているほうが安心です。

しかし脱毛費用としては「保険が適用されない」ので、高額になることがあります。脱毛サロンの費用が気楽にいける額だとすると、同じということはないので、比べてから検討したほうが良いでしょう。

最近の有名脱毛エステサロンなどでは見られなくなりましたが、脱毛エステなどでは化粧品やクリームなど高価なものを売ろうというセールストークが多かったです。確かに施術後のケアなどは気を使ったほうが良いのですが、そういった勧誘は病院のほうではないので嬉しいところです。

医療機関での脱毛は、あくまで病院という場所。おシャレというわけでもないですし、デリケートな部分の話であると「女性なのだからもうちょっと気遣いがあっても」と思う部分があるかもしれません。また診療時間も脱毛エステのように「会社帰りに立ち寄り」というわけにはいかないかもしれません。自分に合った形での医療機関脱毛を見つけましょう。

コメントは受け付けていません。