ライト照射で脱毛

ライト照射で脱毛する方法とは

かなり大雑把にサロンや医療機関での脱毛方法を分けると「針を刺す」と「ライト照射する」という二つになります。脱毛サロンでは資格の点もありますが、痛みがあるのはサロン向きではないので、針を刺すニードル式はほとんどされていません。一方「ライト照射」という方法は光を当てるという方法です。これは意味する範囲が広くて、レーザーなども光の部類になります。昔はこのレーザーも強いものを当てすぎて火傷や肌のトラブルになりがちでしたが、現在は色々工夫されて、以前からのレーザー脱毛とライト照射の脱毛では分けられることが多いです。お肌に良いものを、という脱毛サロンならではの追求がライト照射脱毛の色々に反映されているといって良いでしょう。

 

ライト照射脱毛とは

まず、大きな括りでの光で脱毛する方法、ライト照射脱毛とはどのようなものでしょうか。毛根の先にある毛乳頭などのメラニン色素(黒色)にライト照射してダメージを与えるものです。ここにダメージがあると、発毛しづらくなります。レーザーも光ではありますが、ライト照射脱毛は短時間で数回施術し、肌に負担が少ないという利点をもっています。よく脱毛サロンでいわれるフラッシュ脱毛といわれるものは、ここに属することになりますね。施術はサロンそれぞれで多少違いはありますが、一般的に頭にキャップをかぶって、眉毛など脱毛したくない部分をテープで隠します。目も安全のため隠します。

レーザー脱毛よりも出力を調節して行っているので、敏感な肌の方や痛みをよく感じる人にはオススメの脱毛方法になります。

 

SSC脱毛とは?

ライト照射で脱毛するもので、フラッシュ脱毛と呼ばれるものがあります。脱毛サロンでは中心的な脱毛方法ですね。SSCというのはこのフラッシュ脱毛の一つで「Smooth Skin Control Hair Removal(スムース・スキン・コントロール)」の略です。直訳すると円滑な肌にコントロールする脱毛となりますね。方法はジェルと光の相乗効果によって、毛が再生する働きを弱くしていき、ムダ毛を目立たなくしていくようになっています。専用のジェルにのみ光が反応するので、肌組織や余計な部分まで痛めないようになっています。毛根に生えてこないようダメージを大きく与えると痛みを伴いますが、徐々に細く目立たなくしていく方法なので、ほとんど痛みを感じないといわれています。この方法は脱毛ではありますが、肌のダメージを最小限にして減毛・抑毛を目的にしているともいえます。肌がデリケートな人にも美しい肌で脱毛を経験できるということですね。

 

IPL脱毛とは

IPL脱毛(インテンスパイラルスライト)はフラッシュ脱毛の中の一つです。直訳すると「強烈な瞬間的な光」。毛根にあるメラニン色素(黒色)に熱を吸収させてたんぱく質を熱変化させ、毛母細胞にダメージを与えて脱毛するという方法になります。メラニン色素のみを変化させて毛根を処理していくので脱毛としては効果があり、施術中照射と停止を繰り返すことで、肌の温度が上がりにくく肌にダメージが少ないとされています。広範囲に照射でき、効果が高いといえますが、それでも脱毛効果としての効果をあげるには数回の施術が必要となります。

表面の生えたばかりのムダ毛にも対応可で、剛毛から産毛まで幅広く対応できます。が、毛抜きした部分には効果が薄いという口コミもあります。これはIPL脱毛の原理を知るとなぜかよく分かりますね。ここで使用される光は可視光線で、肌を活性化してくれる効果も期待できます。キメを整えたり毛穴を引き締めてくれるとあるので、サロンでは美肌効果ありとしています。

 

P.S.KRYPTON脱毛とは

P.S.KRYPTON(ピーエスクリプトン)はイタリアDEKA社の日本女性向けに調整された最新鋭脱毛システムです。用途に合わせてクリプトンライトの波長やパルス幅、ピークパワーを細かく調整できます。施術としては、皮膚の表面にレジャービーンズ配合のビーンズジェルを塗布し、その上からクリプトンライトを照射します。ビーンズジェルに配合されているトレジャービーンズが弾けて、有効成分フィニリーブが溶け出します。フィニリーブは照射した温熱効果で開いた毛穴に浸透していき、制毛を促すという流れになっています。光をあて反応させる対象がビーンズジェルのみということで、肌への負担を軽減して美しく仕上げるというものです。

脱毛というよりは除毛・減毛というほうがぴったりで、強烈ではない分美容効果が広く期待できます。

 

冷光ヒアルロン酸進化脱毛とは

冷光ヒアルロン酸進化脱毛で有名なサロンは「ジェイエステティック」でしょう。光を使った脱毛ということで、フラッシュ脱毛の一つだといえます。しかし普通のフラッシュ脱毛は肌にフラッシュ光線を当てて脱毛するのですが、ジェルを用いるためにちょっとベタベタした不快感があったりします。加えて、毛根のメラニンに熱でアプローチするために熱さを感じます。そこで、そういった不快感や痛み、同時に脱毛による乾燥を防ぐ方法に仕上げたのが「冷光ヒアルロン酸進化脱毛」です。ジェルは不要ですし、温度は人肌程度。脱毛と同時にヒアルロン酸効果で保水し、うるおいを与えて美肌効果を出します。

 

コメントは受け付けていません。