脱毛方法

一口に脱毛といっても、方法は色々です。一昔までは一本一本にアプローチする痛みに耐えての方法や、レーザーの火傷のリスクを負うものや、美のためには不安が付いてくるのは仕方がないと思われていました。もちろんそれらは、安全性を高めて今も健在の施術方法です。他にももっとリーズナブルで痛みの少ないものも出てきました。

脱毛サロンでは色々な名称で呼ばれることがありますが、一般的な脱毛方法の基本を見てみましょう。

 

毛根レーザー脱毛とは?

「毛根レーザー脱毛」の脱毛する仕組みを理解してみましょう。脱毛に使うレーザーは、「黒色」を感知してその部分に熱を照射するものです。照射されて組織は破壊されます。医療機関でする毛根レーザー脱毛は、毛に栄養を送る毛母細胞まで届く出力がありますから、永久脱毛に限りなく近くなるといえるでしょう。脱毛サロンで行われるレーザー脱毛は、出力を落としたものですが、繰り返し施術することによって「毛が生えにくい状態」にすることができます。

レーザーの光は表皮から3~4ミリ程度までしか届かないようになっているので、血管や内蔵に影響を与えるものではありません。副作用として皮膚癌の心配をする人もいますが、そもそも皮膚癌の原因は紫外線です。レーザーは赤外線に近いものということで、心配はないでしょう。火傷等も、高出力の機械を扱うのは医療で、サロンでは出力が少ないものを扱っているので、昔のような心配もないでしょう。

レーザーならば、一度照射すれば休止期の毛を除いた毛を完全に破壊できる、という理屈になります。が、毛の状態もありますし、完全に破壊されないものがいくつか残っているということもあります。しかしこれらを差っ引いても産毛まで綺麗にできますし、再生率は高くないでしょう。

もちろんレーザー脱毛がパーフェクトな脱毛ではなく、黒色つまりメラニンを目掛けて照射するので、色素が濃い部分(乳首の周辺など)は照射することが出来ません。例えば濃いしみ・あざ・ほくろなどです。

 

光脱毛とは?

光脱毛は、基本レーザー脱毛と原理自体は変わりません。一般的にはフラッシュ脱毛と呼ばれていますね。昔と違って大きなリスクを負うことがない、安全で広範囲に照射して効率よく脱毛をすることができます。脱毛効果としては永久ではありませんが、6回から10回程度照射を繰り返せば産毛以外のムダ毛は生えてこなくなるようです。

痛みはほとんどなくて、短時間で終わり、料金もリーズナブル。しかも脱毛サロンの場合は、プロのエステシャンが術後お手入れをしてくれます。肌に対する姿勢が違うのですね。デリケートゾーンを望んでいる場合は、そういった女性の心理も加味できる場所が良いと思います。女性にとってデリケートな部分で恥ずかしい思いをすることは、苦痛に繋がるからです。

病院で行われる毛根レーザー脱毛と違うところは、病院が早く閉まってしまうのに対し、脱毛サロンは営業時間が長く、店舗も多いところがちゃんと通えるポイントです。

 

ニードル脱毛とは?

昔、脱毛といえばこの「ニードル脱毛」でした。とても痛くて時間がかかり、料金もローンを組むほどだったので、そんなに気軽に手を出せるものではありませんでした。今でもこのニードル式をイメージして躊躇していらっしゃる方でしたら安心してください。今の脱毛サロンでは、この方法はほとんど扱われていません。

ニードル脱毛の方法ですが、電子針を使います。毛穴一つ一つにニードルと呼ばれる針を刺して、電気によって毛根にダメージを与えるものです。この流れを聞いただけで、毛穴一つ一つに針を刺したら当然痛いですし、時間もかかります。時間で施術する場合は、その分料金がかかるという仕組みなのです。ただし、このニードル脱毛にもメリットがあって、一つ一つ確実に仕留めていくので、再生率がかなり低くなります。

コメントは受け付けていません。