病院と脱毛サロンの違い

どこで脱毛するか?については、自己処理なら「自宅など」、「脱毛サロン」、医療機関つまり「クリニック(病院)」があります。自分で処理するのではなく、人の手を介した施術を考えた場合、まず大きく「脱毛サロン」と「クリニック(病院)」という2つの選択肢から選ぶことになります。では、この二つには、どのような違いがあるのでしょうか。

 

クリニック(病院)で脱毛

病院、つまり医療機関での脱毛の場合は、最大のメリットは医師がいて国によって施術を正式に認められている場所だということです。近年では、昔と違ってレーザーや電子針を使用した施術は医療行為とみなされるため、資格のない一般人には医療機器を操作して他人に施術することは認められません。ゆえに、脱毛サロンではレーザーなどは出力を落として使用しており、強い痛みを伴う電子針を使うニードル式は施術メニューに入っていないことが多いです。

しかし永久脱毛にはある程度の毛根へのアプローチが必要です。毛根を完全破壊しなければ、毛根から毛へ栄養などを補給する組織が働いてしまうのです。それにはレーザーならば高出力、ニードル式のならば一本一本を地道に施術していくことで効率よく実施できるのですが、安心してこれが出来るのが医療機関ということになります。

病院での脱毛のデメリットは、まずは雰囲気でしょう。当然サロンのようにはいきません。女性専用というわけにもいかなかったり、デリケートな部分への配慮が甘いかもしれません。しかし医療ですからサロンのようなセールストークはないでしょう。その方が化粧品やクリームなどをの勧誘がないとも言えますが。後は、最大のデメリットは料金です。病院の場合は、健康保険が適用できるのは傷病時ですから、健康体の身体の脱毛は入らないことになります。基本、医療は医療でも、美容医療に保険は効かないものです。保険を使わないレーザー使用は高額になることもあります。病院によっては、一定の条件はあるものの、一度永久脱毛したものが生えてきた場合に、指定された料金内で何回でも通って良いというものもあります。

 

脱毛サロンの脱毛

脱毛サロンは、昔に比べると格段に安く、格段に安全面や衛生面に進歩や改善が見られるようになりました。医療脱毛のように事前のカウンセリングに力を入れているところも多数です。実際の施術時間よりかなり余裕をもって来てもらえるよう呼びかけていますね。多くのお客さんには、その人数と同じくらい体調や肌が微妙に違うので、トラブル回避・安全面のためにも必要なのです。それに合わせていく技術も発展してきました。

病院とサロンの脱毛の徹底的な違いは、痛みかもしれません。病院の場合は、目的のためならば痛みは我慢するものです。痛みで挫折してしまっても、それは自己責任。しかしエステは、ある程度快く施術を受けるものなので、極力痛みはなし、もしくは一瞬というくらいです。脱毛効果としては、病院でも「絶対100%がない」のでしたら、痛みがないわりには効果が良く出ていると言えるでしょう。脱毛費用が安いというのも魅力の一つです。昔ならばローンを組んでというほどだったものが、学生のお小遣い程度の金額からOKです。ここから、すごく勇気を搾り出して施術に挑戦する、というよりは気楽に会社の帰りに立ち寄るくらいの気持ちで望むことができます。病院では保険が適用されないので、脱毛サロンの安さにはビックリですね。

脱毛サロンでは、かなり昔は化粧品やクリームなど高価なセールスをしていたようです。しかしどの脱毛サロンも、今はそういうことはしませんと銘打っています。現代では悪評は女性の横の繋がりであっと言う間に広まってしまいますから、どうせ広まるなら良い評判を広めて欲しい。そこで自分でも施術前は保湿に気をつけますが、背術後の保湿もエステの醍醐味です。脱毛後クールダウンをした後、保湿性高いものを塗ったりしています。

脱毛サロンの長所は、全国展開のお店があるからです。TBCやミュゼ、じぇいエスティテックなどはほぼ全国にテンポがあります。エルセーヌは関東地域と中国地方が強いですね。

 

コメントは受け付けていません。