自分で脱毛(自己処理)

自己処理の種類

脱毛して、とにかく美しい肌になりたい。そこで脱毛にはどのような方法があるでしょうか。

シェービング

カミソリやシェーバーで剃ることです。剃毛ともいいます。皮膚表面から伸びている部分を断ち切るので断面が広く、毛のポツポツが目立ちます。効果は長続きせずすぐに伸びます。

ツイージング

毛抜きや電動剃毛器・ワックス・脱毛テープ・脱毛ジェルなどで抜くことです。単に脱毛と言われることもあります。毛の根から抜くので長持ちはしますが、痛くて毛が切れてしまうこともあります。毛穴も痛みますね。

ケミカルリムービング

クリームやスプレー、ムースなどで毛を溶かして除毛することです。毛を溶かすというのは、薬品によって化学的に分解するのです。処理時間が長くかかるわりに、長持ちしないデメリットがあります。

抑毛剤

ローションやジェルで毛を抑制します。

ブリーチ

脱色剤で毛を脱色します。毛の色が薄くなることにより、体毛が薄く見えます。見掛けは毛が伸びた際の不自然さがデメリットでしょう。肌的には強い薬剤を使用するのでかぶれなどに注意です。

家庭用脱毛器

家庭用レーザー(熱線式)で脱毛します。

 

脱毛の自己処理とトラブル

まずは自分で自分の毛を処理するという「自己処理」です。よくムダ毛処理ともいわれますが、実は体毛は肌を保護したり体温調節などの働きもあってムダなものではないのです。そこで、自己処理でも自分の肌に合った方法をとりましょう。

脱毛エステなどへ行く際も、あらかじめシェービングとして自己処理をしてからというお店も多いですね。剃刀などを使用する場合には「剃刀負け」してしまう場合があります。脱毛サロンなどへ行く場合に自己処理する場合は、日に余裕をもって行いましょう。生理時期も外したほうが良いです。これは毛に負担というのはなく、肌のトラブルの元だからです。

肌に黒ずみがある。肌に白い粉がふいている。赤み・腫れがある。肌の中に毛がうもれている。ブツブツ肌が盛り上がる。というのは、自己処理にありがちな肌トラブルです。

 

コメントは受け付けていません。